離婚の証拠集め

離婚する相手が物わかりの良い人だったら
なんのストレスもなくサクッと離婚できるのですが

浮気や不倫を認めない人だったりすると
「こちら側が」証拠を集めて立証しなくてはなりません。

離婚が頭をよぎったら、まだまだ現実的な話になってなくても
念の為、少しでも証拠になりそうなものは保管しておいた方が良いでしょう。
その証拠はいつの日か、あなたを救ってくれると思います。

いそいそと証拠集めをしよう!

離婚の証拠集めは淡々と行いましょう
知らなかった事実を知っても、必要以上に落ち込まないように。
あなたの心にある程度フタをして、子供と自分のためにやり遂げましょう。

目次

言われた事をメモしておく

5W1Hで言われたことをメモしておくと後々とても便利です。
5W1HとはWho(だれが)When(いつ)、Where(どこで)、What(なにを)、Why(なぜ)、How(どのように)。
日記などにちょこちょこと書きためておくと良いでしょう。

その時どのような気持ちになったかも書いておくと良いです。
なぜ事実だけではく、気持ちも書いておくと良いかと言うと、
後々の自分の気持ちの整理に便利だからです。
離婚って後遺症があるんですよ。
ふとした瞬間に、自分を責めてしまうんですよ。
どうしてこんな結婚をしてしまったんだろうか、って。

私は離婚には後悔ないのですが
どうしてこんな関係しか築けないんだろうという自己否定に苛まれているので
未だにカウンセラーにかかってます。
自分がどう思ったかリアルタイムに記録しておくと
その気持ちをありのままにカウンセラーさんに話してみたりして
思わぬ原因を見つけてもらえたりします。
ちなみに私は「声を上げないこと」が原因だと言われ
とても腹落ちした経験を致しました。

相手のメモ・名刺など

ひょんなことから入手した浮気相手の名刺など
少しでも証拠になりそうなものは絶対にとっておくべきです。
私は元夫が書いた浮気に関するメモと名刺を捨ててしまって、、
元夫は大変な悪筆だったので、筆跡鑑定せずとも彼が書いたという事は一目瞭然の
大変良い証拠だったのですが

不倫を公に立証できず、慰謝料ももらえませんでした。
断捨離も時と場合によるです。
弁護士にも相談しましたが、相手方が公に認めず
第三者がみても分かる証拠がない限りは
慰謝料は難しいだろうという見解となりました。

興信所を頼むかどうか

私は結局興信所を頼まなかったのですが
証拠を掴むために長時間頼んでしまうと
費用が物凄いことになると思います。。
ただでさえ物入りな離婚、
興信所を頼むのであればよっぽどクロで
浮気相手のところに入り浸っているとか
自力で証拠が集まりつつあって
絶対にこの辺が怪しいという確信があるとか
そういうタイミングで頼んだ方が良いと思います。

ただ、あまりにも慰謝料を毟り取ってしまうと
その後長く続く養育費に影響を与えてしまうかもしれないので
怒りに任せて相手を追い詰めすぎないのも手だと思います。

証拠集めで自分を追い詰めないように

知らぬが仏とはよくいったもので
離婚するときに知る事実は
知らずにいたかったことが多いと思います。
そのことで病まないようにしてくださいね。

あなたは母親。
守べきは子供と自分の生活。

仕事もしなくてはならないでしょう。
心を守って
たまには誰かを頼って
淡々と準備していきましょう。

いつか、この経験がかさぶたになって
あんなこともあったよな、と
思い出しても何とも思わなくなる日が
きっと来ます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる