離婚の慰謝料

離婚前の大きな不安ってお金じゃないでしょうか?
私はすごくすごくお金が不安でした。

離婚ともなれば大きなお金が動くことになります。。
財産分与やら弁護士を頼むなどしたら
100万円単位の出費は避けられません。

今回は慰謝料についてお話したいと思います。
最後まで読んでいただくと
離婚の慰謝料について、少しご理解いただけると思います。

慰謝料って、どんな時にもらえると思いますか?
イメージ的には相手方が浮気したなど
何らかの非があった場合などに
貰えるという感じでしょうか。

私の場合は元夫の浮気がそもそもの原因だったので
自動的に貰えるものだと思っていましたが
結果的に、慰謝料は貰えませんでした。

すごく腑に落ちませんでした。。

そもそも慰謝料とはどういった場合に貰えるのでしょうか?

離婚慰謝料とは相手の不貞行為などにより、
精神的な苦痛を受けた側が請求できるお金のことです。
私の場合、相手の不貞だから典型的な貰えるパターンだと思われたのですが、
でも貰えませんでした。

何故でしょうか?

不貞の事実は、書面などで明確に認められなくてはならないのです。
私の場合は不貞があってから3年後くらいに離婚となったのと
相手方が離婚の事実を公に認めなかったのと
時期が経ちすぎていた為性格の不一致の方向に持っていかれてしまいました。
弁護士が付いていたにもかかわらず。

弁護士についてはまた別記事で書きたいと思いますが
おそらく、不貞があって即離婚の場合だと貰えたのだと思いますが
しばらく経ってからだと、一般的には貰わないものなのでしょう。

一回やり直そうとした時に
離婚について相手が書いたメモを捨てたのを
この時ほど後悔したことはありません!

離婚のする時のために準備するなんて
普段は考えたくもないと思いますが、
やはり、メモや証拠は残しておくべきだと思いました。

ネットの記事などをみていると
慰謝料は女性の方が自動的に貰えるものと勘違いされていることも
あるのかなーと思いますが、
実際には慰謝料をもらいたいと思う場合には
貰いたい方が労力をかけて
不貞や心理的負担を受けた証明をする必要があります

ただでさえ離婚は精神的ダメージを受けるのに
これはきつい作業です。
ただ、子供がいない人は是が非でももらっておきたいところ。

子供がいれば未来の方を見据えて、養育費をもらう方向で
慰謝料を貰わないと言うのも手かな、と思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる