子供のカプセルワードローブを考える

子供のズボンって値段にかかわらず
本当によく破れますよね。

最近、家の断捨離をしています。
驚いたことに、
この中に入っている服、全く着てないという抽斗があって。
思い切って全部処分したら、
抽斗が何個か空いてしまいました。
今度そこに新しい服を入れるとしたら、
以前よりハードルが上がる気がします。
この服ほんとに要る?など自問自答しそう。

子供についてはある程度服の枚数持っていたいな、
と子供が生まれる前までは思っていたのですが
今までの傾向から考えるに、
子供であってもそんなに服の枚数はいらないなー、と感じています。
まだ保育園児なのでお着替えが発生しますが、そうであっても、です。
そりゃぁ、私が特別お洒落な母親で、
子供に対してもお洒落に情熱を傾けるタイプの人物であったなら
様々な形と色の服を取り揃えて毎日登園させると思うのですが、
残念ながらそうではありません。

そこで、本当に必要な子供服の数について考えてみました。
年齢によっても必要な服の量は違うのですが、
5−6歳くらいの女の子の場合です。

通年
トップス 4枚
(全部スウェットorTシャツ前開きではないものw)
ワンピース1枚
ボトムス 3枚
(デニム、コーデュロイパンツ、スキニー)
靴    1足

この基本セットに冬はダウンコート、
春夏はナイロンジャンパーです。

結局、たくさん持っていても着ないんですよね。。
前述の通り、子供のズボンはよく破れるので、
買い替えも頻繁に起こります。
あまり枚数を持っているよりはいつも清潔で破れていない服を着せたいので、
私はこの枚数に落ち着いております。

服に無頓着な私ですが、
一応子供の服に対するポリシーはあって、、
それは、「アウターはプチプラではないものを着せる」です。
といっても1万円台のものですけど。
ファストファッションですと生地感とか服のゆとり感とかで
なんだか安そうという感じがしますので
そこだけは、拘って選んでいます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる