苦手な上司:上司には相談するな?!

苦手な上司との付き合い方について
最近もう一つ思いついたので書いておきます。

上司には相談するな?!
目次

お悩み相談はNG

ありのままをさらけ出すのが正直で誠実であるとは思いません。
我が国には「無礼講」という文化もありますが、
少なくとも一般人は無礼を働いてはいけません。
お悩みは、無礼すれすれのラインを通る危険性をはらんでいます。

個人のニーズと会社のニーズは大抵違うもの。
個人のニーズを正直に会社側の人間である上司に打ち明けた場合
会社にとってはあまり嬉しくない事である可能性もありますので
お悩み相談をするとしたら
会社とは関係ない大学の先輩などにしておいた方が無難でしょう。

本音は言わない

本音はコロコロ変わるからです。
本音って大抵感情的でパワフルなことが多いので
いったん発信してしまったらそのパワーに圧倒されて
その後にどんなに言葉を尽くしてフォローしたとしても
その印象を拭い去るのは難しいのです。
なので、職場で「嫌い」などの強い言葉は
極力使わないことです。

相談は報告とセットで

会社でして良い相談と言ったら
仕事の相談以外にないと思います。
その相談は、報告とセットであるべきです。
例えば、現在担当している得意先の売上状況
芳しくなければなぜそうなっているのか?
どこがワークしていないのか
これからどうしようと思っているのか
自分なりに答えを用意してから
相談するべき。
そこまで準備したら、相談される上司の方も
ある程度ベースができているので
考える量が減り
ストレスなく相談に乗る事ができ
多少心地よく対応してくれると思います。

但し、有効な解決策が出ないことなんて
しょっちゅう。

極論、会社での相談なんてしなくてもよくて
報告が全ての鍵を握るのかな、と思います。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる