小1のお手伝い(妹をお風呂に入れる)

昔の人は上の子が下の兄弟の面倒をみたそうです。

今でも下の子のおむつを替えるとかしてそうですよね。
うちではやってませんが。

上の子が小学生になって
劇的に助かっているのが
妹をお風呂に入れてくれることです。

ちょっとのコツがあれば
6歳と2歳、子供だけでお風呂に入れます!
※あくまで我が家の例です。
危険な場合もありますのでご参考まで※

子供だけでお風呂に入るコツ
目次

褒め称える

ベタなんですが。
もしこれを私がやられたら
汚れちまった悲しみに
逆に疑心暗鬼になると思いますが
純真な子供に
「すごーい、自分たちだけでお風呂に入れるの?」と
褒め称えてあげると
いそいそとお風呂に入ってしまいます。

お湯は張らない

子供だけで湯船は危ないですから。
たった10cmの湯船でも危険と
教えられて育った私です。
その点シャワーにしておくと危険が減ります。
元々私ははシャワー派で
なんとなく流れで毎日シャワーなのですが
子供2人でお風呂に入るようになってから
ますますシャワーの方が良いと思うようになりました。

シャンプーはポンプ式を

ほとんどの家庭のシャンプーはポンプ式だと思いますが
たまーにお洒落なシャンプーだとポンプ式じゃなかったりする。

液体は重いので、子供がボトルを持ち上げて
シャンプーを手に出そうとすると
予想以上の量が出てしまい
それを髪につけてしまうと
すすぎが十分出来なくて
髪の毛がベタつくという事態に陥ります。
ポンプだと「1プッシュね」と約束しておくと安心安全。
適量をとることが出来ます。

まとめ

毎日子供をお風呂に入れるのは重労働です!
シングルマザー、誰も手伝ってくれませんから!
子供たちだけでできることを増やして
少しでも自分の体を労わりましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる