子供の体操着お名前ぜっけんの付け方

うちの小学校、体操着の前面にデカデカと
名前のゼッケンを付けなくてはならないのです。

遠い記憶ですが
私の子供時代はそうじゃなかった。

このゼッケンは
各家庭で布を用意して
学校指定の大きさにし、
マジック?で名前を書き
体操着に縫い付ける

という物。

入学準備でいちばん面倒に感じて
いちばん最後までやらなかったのが
このゼッケン付け。

最終的に明日要るよ!って日の前日に
やっと準備をしました。

コロナの影響で
白い布がなくなっているというニュースを
見ていたので
手に入るか心配だったのですが
なんと近所に
生地屋さんがあって。
200円くらいで
手に入れることができました。

お名前ゼッケンの付け方

用意する物

・コピー用紙
・パソコン(なければ手書きでも)
・プリンター(なければ手書きでも)
・布(ブロードなど薄めが良い)
・手縫い用糸
・針
・糸切りバサミ
・まち針
・アイロン・アイロン台

目次

型紙を用意する

コピー紙に書きたい大きさのフォントで名前を印刷します。

A4サイズで出てくると思うので、学校指定のサイズに切ります。
パソコンやプリンターがないという場合は
学校指定サイズの紙に、手書きで文字を書いても
もちろん大丈夫ですが、
きれいに仕上げるために、型紙は用意してください。

型紙の印字面を上にして布の表にあて、折りしろ1cm含んで布を切る

言葉通りなのですが、、用意した型紙の印字面を布のにあて
まち針で固定し、折りしろ1cm見て布を切ります。
切った後も型紙はまち針で布に付けておいてください。
布を通して印字面がうっすらと見えると思います。

名前を油性ペンなどでなぞる

印字面がうっすら見える布ができていると思いますので
名前の部分をマジックでなぞってください。
手書き文字に自信がある方はこの工程はなくても良いと思いますが
私は自信がなかったので
ヒラギノフォントの力を借りました。。

型紙を土台にして、アイロンで型を付けながら布を折る

ここポイントです。
布をフリーハンドで折ろうとすると、どうしても伸びたり曲がったり。
型紙を土台にして折るとまっすぐきれいに四角く折ることができます。
アイロンでこれでもか!ってくらいに折りを付けてください。
仕上がりがきれいです。

しっかり型がついたら
型紙は布(ゼッケン)から外して大丈夫です。

ゼッケンを体操着に仮置きする

できるだけ真ん中に付けたいですよね。
できるだけ平面に体操着をおいて
動かさないことです。
いったんゼッケンを置いてみて
左右から定規で測ってみると中心に置けると思います。
中心が決まったら
これまたできるだけ平面から動かさないように
そっとまち針を付けて固定します。

面倒だけどしつけは必要

真ん中に、まっすぐついてないと
後々みた時にかなりストレスです。
面倒ですけど、しつけは絶対必要。
適当で良いので、やりましょう。

縫い付け方はたてまつり


縫い目は縦で見えた方が
すっきりかなーと思いました。
なので、私はたてまつりで縫いました。
たてまつりのコツとしては
表に見える縫い目は
とにかくまっすぐにすること。
そうすれば
縫い目の間隔が多少ランダムでも
上手に見えます。

小学校は手作業が多い

ゼッケンつけといい、算数セットの名前つけといい。
人生でこんなに我が子の名前を書きまくる局面って
そうそうないですよね!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる