我が家のカビ対策

マレーシアの百貨店がカビで大惨事になってますね。。

カビに覆われたマレーシアのショッピングモール 新型コロナのロックダウンがもたらした意外な影響

うちもちょっと気を抜くとカビが生えそうな感じ。
「人が住んでない家は荒れる」というのが
昔はわからなかったのですが
だって人が居なければ散らからないじゃんと。

今は理解できます。

  • 人が住んで
  • 適度に空気を入れ替える。
  • 家の管理にはこれが重要なんですね。

    我が家も人ごとではないということで
    今日は我が家のカビ対策について語ります。

    カビ、ダメ、絶対!

    まずはカビ発生のメカニズムから。
    思った以上にカビって身近なもののようです。
    カビ菌はどんな環境でも常に空気中に浮遊していると言われています。それが以下の三つの条件が揃った環境だと、どんどん増殖して目に見えて「カビが生えた」という状況になるのです。

    気温25~30度
    湿度70%以上
    ホコリや汚れなどの栄養分
    引用:くらしのマーケットマガジン

    いつも空気中に浮いているなんてー。
    たまたま好条件(=Hot Spot??)があれば
    うわーっとカビが集まってくるイメージ?
    うわわわわ。。。

    我が家のカビ対策
    目次

    温度と湿度を適性にたもつ

    これ、、できます?
    普通の家で完璧に。
    24時間空調でしょうか。
    そういえば沖縄に移住したママ友は
    クローゼットにカビが生えるので
    ずっと空調をつけている部屋を作ったそうです。。

    うちでは在宅中はできるだけ全てのドアを開放し
    (玄関以外)
    空気の入れ替えを常に行っています。

    クリーニング保管サービスを利用

    我が家はウォークインクローゼットで
    結構品数が入るので
    無理すればシーズンオフの衣類も
    入れておくことはできます。

    が、つめすぎるとカビやしわが気になるので
    クリーニング保管サービスを利用しています。

    今まで利用したのは

    リアクア

    COOP(生協)

    です。
    リアクアは高級衣類クリーニングサービスで、
    それぞれの衣料に設定されている料金も高かったですが
    仕上がりは素晴らしかったです。
    丁寧にビニール袋に入っていて
    カシミアのコートもふんわり柔らかく仕上がって
    帰ってきました。
    ずっとクリーニングに出すのを躊躇していた
    元旦那のどこぞのミリタリーコートも
    めちゃくちゃキレイになって戻ってきて
    それはそれは喜ばれました。

    一方、コープはお手頃です。
    6着○○○円、などの一律料金で
    コート、ジャケット などまとめて出せます。
    リアクアでふんわり仕上がったコートは
    ちょっと固めの仕上がりでしたが
    普段使いのジャケットなど大量に
    気軽に出せるので
    ここ数年は専らこちらを利用しています。

    冬服を出し終わった後の
    すっきりしたクローゼットは気持ちいいですよ。
    真夏に毛の衣料を目にするって
    見た目からして
    暑苦しいじゃないですか。

    そしてカビも生えたりしたら、、
    悲しすぎます。

    ちなみにコープでは
    冬のお布団の保管もやってくれます。
    布団こそカビの温床になりそうなので
    うちは夏の間は
    分厚いふとんを預ける事にしています。

    一回着た服をすぐにしまわない

    せっかくのウォークインクローゼット
    全ての服をしまって
    すっきり暮らそうと
    思ったのですが、
    やっぱりカビのことを考えて
    ハンガーは残しておく事にしました。
    結果、大正解。
    見た目のすっきり感はいまいちですが
    一回着た服はすぐにしまわずに
    ハンガーに結構長い間かけて乾かします。
    冬場のコートなどは
    かけっぱなしです笑

    まとめ

    できればカビ、生えて欲しくないですよね。
    百貨店でもカビの被害に会うのならば
    一般家庭でも気をつけて対策しなきゃと
    思いました!

    よかったらシェアしてね!

    この記事を書いた人

    コメント

    コメントする

    目次
    閉じる