家の購入について2

「都内に家を持つ」
と、なんとなーくやりたい事リストに
書き続けていた私ですが、
本当はこう思っていました。
私が家を買うなんて、とてもとても手がでない。。
と。

でも買いました。

購入して思ったのは
家が手に入るまでには
思ったより時間がかかるということです。

目次

今の家を発見してから入居まで4ヶ月かかった

初めに欲しいと思った家は、今のマンションの下層階でした。
ちょっと気になるところがあって迷っているうちに
他の方に買われちゃいました。。

後悔もしたけれど、そこまで思い入れもなく。
なんとなくスーモを眺める日々に戻りました。
そうしたら、同じマンションの上の階が売りに出されたのです。

すぐに内見の予約を入れました。
が、
すでに5番目でした。

5番目だから無理だと思っていた

さすがに5番目だから、その前に決まってしまうだろうと
思ってました。
あまりに見たいと思う物件が出ないので
1ヶ月くらいは家探しをあまりせずに
普通の暮らしを送っておりました。
そうしたらある日突然不動産屋さんから電話が!
私が最初にその家の情報をキャッチしてから
2ヶ月くらい経ってました。

内見して即決断

早速家を見に行った私。
色々不具合はあるかもしれないけれど
なんと言っても立地が良く
間取りもちょうど良かったので
買うのだろうな、私。という思いでおりましたので
内見が終わった足で不動産屋さんに行って
申し込みをしました。

住宅ローンを申し込む

申し込みをしたら
不動産屋さんが、売主の仲介業者に連絡してくれます。
並行して、住宅ローンの選定と審査です。
審査の結果、利率が決まります。
住宅ローンを組むために
合計2回、銀行に行きました。
1回目は申込書などなどを書いて提出
2回目は本申し込み、融資をうける。
一瞬ですが、銀行口座に巨額のお金が入ります。
次の瞬間には売主さんに流れますが笑

住宅ローンですが
保険がついてるタイプがお勧めです。
シングルマザーなら尚更。
女性優遇タイプのローンもあるので
色々見てみると良いと思います。
もちろん、お勤めの会社の福利厚生で
金利優遇もあると思いますので
そちらを使うのも良いと思います。

購入申し込みをしてから
住宅ローンが下りるまで
1ヶ月くらいかかりました。

売主さんと対面もする

初めて知ったのですが
中古物件を買う時には
売主さんと対面します。
1回目は重要事項読み上げ
この重要事項読み上げとは
物件について、まとめてある重要事項を
売主側の仲介業者が
滔々と読み上げる儀式です。
分厚い契約書を丁寧に読み上げて
2時間くらいかかりました。。

2回目はローン決済(=購入)のとき。
鍵をもらったり、売主さんに入金したりします。
行政書士さんも来ます。
出席者がとても多いです。

こちらは1時間くらいかかりました。
思ったよりあっさりと終わった印象です。

引越しの時期

入金が終われば、入居はいつでもOKです。
私は不動産屋さんに引越し業者を紹介
してもらいましたので、
段ボールの引き取りなどお願いできました。
色々と相見積もりをとるのが面倒だったので
良かったです。

家の購入については
一つ一つ掘り下げて
記事を充実させていこうと思っています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる