家の購入について1

家を買おうと強烈に思い立ったのが
昨年の今頃です。

色々見た、ゆるゆる探して、
途中諦めた期間もあったけど
ここにたどり着いた。

騒音問題は起こったけど汗

シングルマザーで家が欲しいと思っている人がいたら
私がどうやって家を買ったのか
少しでも参考になれば良いな、と思って
書いておこうと思います。

目次

第1段階、スーモを眺める

中古マンションを買うならば
スーモは毎日眺めると思います。
買えそうなものから、買えなさそうなものまで。
私の場合は、住んでいる地区から離れたくなかったので
地区だけ設定して、色々な物件をオンラインで
眺めまくっていました。

仲介業者に行ってみる

本気であれば、行けると思います。
仲介業者。
10年以上前、軽い気持ちで行ってみたのですが
不動産屋さんって結構アグレッシブなイメージで
見込み客へのメールや電話がすごいのです。
それ以来おそれをなした私は
不動産屋さんに行けずにおりました。
でも今回は本気。

まずは離婚した人を主に扱う
不動産屋さんに行ってみました。
「物件」ではなく「ターゲット」縛り。
なんだか、安心できました。
この業者さんには
都内くまなく、色々と紹介していただきました。
特定の地区に縛られず、間取り中心に
見ていきました。
きめ細やかで良かったです。
女性に優しい住宅ローンのヒントをくれたのも
こちらの業者さんでした。

しかしながら
最終的にお世話になったのは
住みたい街に詳しいところ。
やはりその街に長く住みたかったので
地元情報に詳しかったり
買う以外のマンションにも詳しそうな会社の方が
長い目で見て安心できそうでした。
実際に、今回のトラブルがあった際にも
相談しましたし、
今後どうなるかわかりませんが
売るや貸すとなった際にも
ここにお願いしようと思っています。

不動産連合会の出先相談に行ってみる

なんで行ったんだっけ?
たまたま銀座で住宅ローン相談会っていうのをやってて。
大雨の中行きました。
本当に人生楽しそうな不動産屋さんが2人いて
年収から借りられそうなローンの額やら
その頃には欲しいマンションが決まっていたので
用意しといた方がいい頭金の額やら
お勧めアプリやら教えてくれました。
その時に聞いた坪単価という考え方、
買ったマンションは
相場よりちょっと高かったです。。

サイトと業者が紹介してくれる物件は同じ

仲介業者が紹介してくれるのは、「ここだけの掘り出し物」
みたいなイメージがありますが、
なんと、スーモの情報と業者が持っている情報は
ほぼほぼ同じです。。

掘り出し物なんて、一部の富裕層の間だけのものかもしれない。
軽井沢の別荘とか、そうだっていうじゃないですか。

なので、業者が持ってきてくれる掘り出し物はないのですが
毎日根気良く自分で探すのが一番です。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる