Apple careに入っておいて良かった

私はプライベートでMacBookProのTouch bar付きモデルを使っているのですが
先日、なぜか突然Touch barの部分が点灯しなくなってしまって。

まぁ、Touch barがつかなくても作業できるにはできるのですが、、
なんか、故障しているものを修理をせず にそのまま使い続けるって、物を大切にしてないようで
良くないかなぁ。と思いまして。
とはいえmac。私の中では修理代がとても高いイメージです。

ネットで情報を調べたら、Touch Barの修理は有償で5万円くらいかかるらしい。
修理ってなんでも高いですよね。
ずっと前、ヴィトンの財布を修理に出したら4万円くらいかかったことを思い出しました。。

私はその時思い出したんです。
Apple careに入っていたことを。
macを購入した時についでに入っておいたんです。

通常家電の保証期間って1年なので
これもとっくに期限切れだろうと思っていたのですが、
調べてみると2022年の12月まで有効だという!
MacをはじめとしたApple製品は通常1年間の保証が付いていますが(これは私のイメージ通り)
AppleCare+ for Macという保証延長制度に加入していると、保証期間が3年まで延長されます。
私の場合は2019年に購入したので、3年後の2022年まで保証が付いていたのですね!

いい事を思い出した!

もしかしたら、無償で直してくれるかな???

期待を胸に、Apple careを使った場合の修理費用を調べていきます。

Apple careに入っている場合、
コーヒーをこぼしたり、持ち運び中に落としてしまったりなどの外的要因については最大2回まで保証対象内となっており
1回の利用につき下記料金で修理してもらえます。

・画面または外部筐体のみ:12,900円
・その他の損傷:37,100円

私の場合はコーヒーをこぼしたり落としたりはしていないので、これが当てはまるかどうかわかりませんでしたが
とりあえず、修理を予約!

秋葉原のヨドバシカメラに入っているクイックガレージに持ち込みました!

店頭でも、事前に調べていた通り
有償の場合は最大37,100円の有償であることを伝えられました。

当初修理には2週間ほどかかると言われていたのですが、
ほんの2日間で修理は終わり。
思ったより軽い症状だったのでしょうか。

気になる修理費用ですが
なんと0円でした!

詳細内訳は
部品代合計 48,140円
技術料       17,0001円
合計          65,140円

のところ、Apple careの対象となっており、私の負担は0円!

37100円の出費は覚悟していたので嬉しかったです!

私は通常保証延長サービスには入らないのですが
これに関してはあの時の私の判断に感謝です!

もしもApple careに入るかどうか迷われている場合は
私のように突然不具合が起こることも考えられますので
入っておくことをオススメします!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる