仕事は楽しいものだった!

小さい頃、パート仕事が続かない母親に育てられたので、仕事に対する認知に多少歪みがありました。

仕事はつらいもの
お給料はお父さんの汗と涙の結晶
お父さんは歯を食いしばってピアノの月謝を捻出している。。

今思い出すと、子供を脅すには十分すぎる怖いフレーズですわ笑
が、当時はこれを真に受けてました。。

社会人になって初めて仕事は楽しかったのだと知りました。
学生の頃からバイトして、うすうす気づいてたけど。

世の中には外で仕事をしたくない人が一定数いて、母はそのタイプだったのでしょう。
なので仕事はつらい仕事がつらいと毎日のように私たちに言い聞かせて
あ、でも今思ったのですが、もしかしたら母は「私はつらい」と言いたかったのかもしれませんね。
結構分別がある人だったので、子供の前ではあまり弱音を吐かなかったです。

話ずれましたけど、仕事は大筋で楽しいものです。
働くは「傍楽」だと知ってから、私なりに仕事に工夫するようになりました。
資料を一目で見やすいようにしたり、説明を入れてみたり。
プレゼンが分かりやすいねと言われると本当にうれしかった。
そんなこんなの積み重ねで気が付いたら20年経ってました。

途中で同僚に裏切られたり離婚したりと人間関係で辛いこともあったけど
仕事があったからやり過ごしてこられた。

私の子供には仕事についてこう教えます。

仕事は楽しいもの
お給料は汗と工夫の結晶
お母さんはポーンとピアノの月謝を出している!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる