離婚のこと 誰に相談する?

離婚するかしないかの時に
もし、相談できる人が近くにいるとたいへん心強いですね。

あなたは誰に話を聞いてもらいたいですか?

今日の話題

離婚の相談、誰に相談する?

代表的な離婚相談窓口を下にあげてみました。

相談先 友達/同僚 家族 カウンセラー SNS
メリット 対面で相談できる

事情を分かってくれている

無制限

家事のサポートが頼めるかも

プロの意見

 

 

思ってもみない人から助言がもらえるかもしれない
デメリット マウントに注意 感情的になりすぎる 合わない人だと満足感がない いつもリプライがあるわけではない

ほとんどのみなさんが上記の掛け合わせで相談をしていると思いますが

それぞれに特徴がありますので解説をしたいと思います。

 

目次

友人・同僚は鉄板の相談先

友人・同僚はいちばん身近な相談先ですが相談する人は選びましょう。
おそらく、あなたの離婚問題は家庭でも話題にされるハズ。
そうされても良いように、独身時代からの友人とか
会社の同僚とかにした方が良いと思います。
ママ友はやめた方がいいかな。
子どものことも知っているので、ちょっと生々しすぎると思うからです。

家族には冷静に相談する

実家の両親はある意味当事者ですので
突っ込んだ内容のそうだんができる代わりに
時として相談が感情的になってしまいます。
感情的になってしまうと話し合いが中断されたりするので
ある程度冷静に、建設的に相談すると心に決めて
話し合うようにしましょう。
個人的には結局、大切な相談は家族にしかできないと思っています。

カウンセラー

私が離婚を悩んでいる時に相談して意外と良かったのがカウンセラーです。
私は自治体がやっている女性相談に行きました。
離婚専門と言うわけではなく、女性が日々感じる不安・悩み全般に対応しているところです。
託児も完備していて、予約も比較的取りやすかったです。
悩みの根本解決はなかったのですが
自分の気持ちを包み隠さず話せたと言う点でスッキリしたことを思い出します。
どう考えるといいか?など
科学的に立証されている心理学的なアプローチを知れたことが良かったです。

本格的にカウンセラーを頼みたい人は
自治体以外にもたくさん開業している人がいるので
そういったところを探してみるのも良いかと思います。

SNS

私は最近になっておっかなびっくりSNSを初めてみたのですが
もっと早くやっておけば良かった!と思っています。
シングルマザーの人や離婚準備中の人が
それぞれの状況を発信しています。
クレクレはNGだと思いますが、ヒントを見つけると言うスタンスで
関わると時として有益な情報をGetできそうです。

まとめ

あなたにとって最適な相談窓口を確保して
離婚準備を乗り切りましょう!

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

コメント

コメントする

目次
閉じる